英会話

【TOEIC初心者】1ヶ月で600点クリアした勉強法と問題集紹介・誰でも可能!

TOEICで600点を越えるための学習方法をこの記事では紹介しています。ある実体験にもとづきTOEIC300点→600点まで伸ばした学習方法と参考書を紹介していただきました。

やはり参考になるのは本に書いてある小手先テクニックよりも、実体験よる体験談が一番[なるほどな!!!]納得できるものがあります。今回もある分野に特化することで600点まで伸ばした方法なので、ぜひ参考にしてほしいです。

 TOEIC初心者が600点とる勉強法と問題集とは?

f:id:buchibuchi4647:20190406121639j:plain

TOEIC初受験または短期間「1ヶ月以内」でなんとか600点とりたい人向けの記事となっております。

私は海外に長期滞在をしており、帰国してからも英語のレベルを下げたくなかったのと、自分のレベルを知るきっかけとして年に数回TOEICを受験しております。

日本では転職する際にTOEICのスコアを重視する企業がまだまだ多いので、会話力や日常会話の表現力を学ぶというよりは、TOEICを攻略するために(TOEICのスコアを伸ばすため)一心不乱に独学で勉強をしました。

600点を越えるためにしたことは毎日英語に触れることです。TOEICの公式問題集を買って毎日解く事がTOEIC高得点の近道であると思います。

TOEICの公式問題集を何度も解いておくとTOEICの問題の傾向がわかってくるので問題に慣れることは英語力の向上とTOEICの得点力アップにつながります。

リスニングも公式問題集に付いているCDをできるだけ毎日聞き、問題に答えましょう。

しかし、問題集を解く勉強は疲れます。嫌になった時はやらなくても良いです。その代わりに英語の映画を見たり、ドラマを見たりなどとにかく毎日少しでも必ず英語に触れる事が重要であると言えます。オンライン英会話というのもとても良い英語の学習方法です。

TOEICの攻略に関する教本は世の中にありすぎて、正直どれを参考に勉強してよいのかが全くわかりませんでした。

最終的には単語は英単語アプリを使用し、教科書は公式のテキスト、それとは別に、パートごとにわかれているリスニング問題集を購入し、ひたすら繰り返し勉強しました。

リスニングは比較的簡単に点数が伸びると思います。とにかくざっくりとでも言っている内容を聞き取れれば、案外勘で回答しても正解していると思います。私の場合はとにかくリスニング練習問題をひたすら解きました。

パートごとに分かれている問題集がおすすめです。そして、問題量がとにかく多いものを購入してください。問題量が多ければテキストは1冊でいいです。それを維持でも1冊やりきることが大事で、いやでもっやりきったころにはポイントを抑えることができるようになっていると思います。

そして、リーディングには単語力がつきものなので、とにかくスタディサプリの無料単語ゲームをやりまくってください。やればやるほどいやでも覚えます。

リーディング・リスニングの勉強法

rawpixel / Pixabay

TOEICのリスニングとリーディングの解き方と学習方法のコツを紹介します。

リスニングパートは公式問題集でCDをかけ問題を解くというテストをイメージした勉強方法、これは本番の状態、TOEICのリスニングには初めに説明があるのでその間に問題をできるだけ読んでおくというテクニックをつけておきましょう。

問題を解いた後はもう一度音声を流し、音声の後を追って発音するシャドーウイングをしましょう。

文法パートはTOEICの中でもテクニックがあればかなり時間を短縮できるパートです。

文法パートのほとんどは文章を全て読まず空欄の前の単語を見れば答えられるようなものが多いです。

空欄に主語か動詞かなどどの形が入るか文をパッと見てわかるようにする事が重要です。

リーディングは初めにざっと問題を読む事で問題文の何を読み取れば良いのかわかりやすくなります。

単語に関して

リーディングはまずは単語力がないとどうしようもありませんので、パート云々の前に単語を覚えてください。単語さえわかれば文章の意味がなんとなくわかります。特にパート5は名詞なのか形容詞なのかを選ぶ問題が多いです。

単語の一つの意味だけを覚えるのではなく、その単語の紐づく他の意味と、その単語が形容詞なのか副詞なのか、使い方によって異なる意味を無理にでも覚えてください。結局リーディングパートは語彙力で点数が決まると思います。

パート7に関しては長文読解なので、文法構造よりも単語力が大きく差を出します。目指したいレベルによって単語を覚える量も、おおよそ基準として世の中に出回ってますので、まずは600点を目指す人向けの単語などで勉強していくことをおすすめします。

リスニングはパターン暗記

リスニングはとにかく問題をたくさんといて、耳を鳴らしてください。パート1は勉強しなくても1つも正解しないという人はいないと思います。パート2はパターンがよく似た問題が多いので、こちらも問題集を解いてパターンを覚えてください。

パート3と4は長文なので、とにかく質問内容をまずは把握してからリスニングに集中してください。特にリスニングで注意することとして、一つの単語が聞き取れると、その後の内容を聞く姿勢ががたっと落ちます。

一つの単語を聞き取ったあとにも集中して他の単語を聞き逃さないように聞き続ける姿勢を崩さないようにするのがポイントです。もちろん、メモは取れませんので、最悪ついていけなくなった時は問題文に聞き取れた単語がないか探し、勘で答える勇気も必要です。

とにかくリスニングは時間が進み続けますので、解けなかったことを次の問題まで引きずらないことが重要です。

おすすめ問題集

問題集の使い方

とにかく一冊を確実に終わらせてください。回答書をみて、何が間違っているのか、なぜ自分はその解答を選んだのかをまとめます。最初はほとんどが勘で回答していると思いますので、回答集を見ても意味がわからないと思いますが、それでも同じ公式のテキストを何度も解いてください。

世に出回っている教科書は、パートごとやTOEICならではのポイントをしっかり教示してくれますが、まずは公式で実践してく、慣れてくことが必要です。そして、必ず時間をはかって、2時間本番と同じようにやってみてください。

これが結構めんどくさく感じますが、やるのとやらないのとでは実感として全然違います。公式問題集1冊を丸暗記するくらいの気持ちでやってみてほしいです。

メリットとデメリット

同じ教科書(公式)を繰り返しやることは、何よりコスパがいいです。世の中には多くの教科書や問題集が売っていますが、教科書を買って満足してしまう人が多いと思います。

結果、何冊教科書を使っても、同じところでつまずくのでは意味がありません。先にすすむためにも、1つの教科書を完璧に覚えるくらいのほうが効果があると思います。デメリットとしては、単純にあきてしまいます。

新しい教科書に移行していくほうが新鮮味があっていいものです。やる気も上がると思います。なので、新しく教科書を購入するのであれば、同じく公式の問題集をBOOKOFF等で購入するのがおすすめです。何より公式ですので、こうゆうテストですよと教えてくれているようなものです。

Dio3.0

参考書の進め方は?

f:id:buchibuchi4647:20190323205706j:plain

DUOは英単語帳です。レベルとしては中級ほどです。大学受験の勉強の際にも多く用いられていると思います。

おすすめの理由はこの単語帳にはまず初めに一つの例文が書かれており、その下にその例文で出てきた新しい単語の意味の説明が続きます。

例文で新しい単語を覚えていく事ができるので文章全体の意味からその単語がどのような意味でどのように使われるのかという事を覚える事ができます。

さらに例文音読のCDもありそれをダウンロードし通勤や通学の時に流しながら例文を目で追う、音読するという事がかなりおすすめです。

このことによって英語のリズムを知る事ができますし、その文章を目だけではなく音としても知る事ができ、その例文の意味を覚えやすくなります。

改善点

f:id:buchibuchi4647:20190323210008j:plain

メリットは単語力をかなり上げる事ができます。この単語帳を完璧に覚え、さらにCDを使って音読などをしっかりしておけばTOEIC600点を越える事は可能です。

またリスニングをして音声を真似て音読をする事で発音の練習にもなります。英語のリズムを知る事でリスニングの向上にもつながります。

そして、英語の発音ができるようになってくる事いくつかの文章がスラスラと出てくるようになる事でスピーキングの向上にもつながります。

デメリットはTOEICの問題には直結していないのでTOEICまじかに勉強するという内容ではなく、時間をかけてコツコツする勉強であるので大変なところがあります。

あわせて読みたい
【英語学習アプリ】無料おすすめ33選「小学生レベル向け」ネットで基礎から英語学習をしませんか?大人になると、普段の生活で一杯で、学生時代のように、参考書とノートを使って学習することするできない...

本番前にできること

f:id:buchibuchi4647:20190323210142j:plain

試験前の対策はTOEICの単語帳などTOEIC直前単語帳、文法を見る事、またはTOEICの問題集を解いて自分が知らなかった単語をノートなどにまとめておき、そのノートを見る事がおすすめです。

TOEICの公式問題集はTOEICに直結しているので単語もTOEICに高い確率で出てくるものなのでおすすめであります。

おわりに

英語の学習法は人それぞれだと思いますが、少なからず私の場合TOEIC300点台から600点まで上がったので私の勉強方法の中でその友人に役立つものがあれば幸いです。

言語は数ヶ月で身につくものではないので時間をかけて学習する事、そして一番重要なのが毎日英語に触れる事だと思います。

TOEICの得点を上げるには公式問題集をたくさん解く方法が一番だと思います。また単語力をあげた後に問題集を解く事で自分の英語力の向上を感じる事ができると思います。あなたも目標を忘れずに頑張っていきましょう。

勉強しないで点数があがるということは100%ありえません。単語は覚えなければなりません。文法も少しは理解してください。時間がないことを理由に勉強しないで挑戦するのであればお金の無駄なので、おいしいご飯でも食べてください。

目標があるのであれば努力してください。TOEICのいいところは、向き合えば向き合っただけ必ず自分に返ってくることです。いやでも1日単語を見る。それだけでもいいのでやってみてください。

ABOUT ME
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています