ライフスタイル

【体重80キロ】暴飲暴食・仕事のストレスからのダイエット体験談紹介

仕事のストレスから暴飲暴食が多くなり体重が80kgを超えるほど太ってしまい困りました。63キロの体重が80キロまで増えた体重をなんとかダイエットした方法を紹介します。

【仕事のストレスからの体重増加】ダイエット体験談

仕事のノルマや職場の人間関係でかなりストレスがたまっていたときなのですが、もともと63kgだった体重が2年ほどその職場で働いているうちに80kgを超えてしまい、周りからも太ったねと笑われるようになり悔しかったです。

みんなの前では愛想よくしていましたが、太ったねと言われるたびにいやな気分になりました。気分だけではなく、体調自体も太ってからはあまりよくなくいつも体がだるいような重いような感じで、移動する際に歩く時もしんどかったです。

また、電車に間に合わせるために少し走っただけで滝のように汗がでてきたりして、周りからをそれを見られるのも恥ずかしかったです。

そのせいでさらにストレスが増えて帰りがけにラーメンを食べたり暴飲暴食がさらに進む悪循環に陥っていました。

できる体操を続けた

休日は家でゴロゴロするだけではなく、1駅分程度散歩をするようにしました。普段とは違う場所を歩き回るのは意外と面白かったし、気分のリフレッシュにもなりました。

気分の良い日は1~2時間散歩して、しんどいときも休みならば30分程度は散歩をするように心がけました。

雨の日であったり、どうしても時間がとれないときは、スクワットを合計で20分程度自宅で行うようにしました。

また、大好きなラーメンも以前は毎日のように食べていましたが、まずは週に3回程度まで行くのを我慢するようにしました。ラーメン屋に行かない日は、今までやらなかった自炊をするようになりました。

最近はカット済みの野菜や温めるだけで食べられる安い冷凍食品も多くあるのでそれらを利用して、簡単な料理をするようになりました。

3ヶ月で10キロ痩せました

最初の1カ月程度はあまりやせませんでしたが、毎日体重計に乗っていると徐々に減り始めて、75kg程度までやせることができました。そのあとはまたしばらく75kg付近で停滞していましたが、また2~3カ月たつと70kg程度までやせました。

ラーメン屋に行くのを我慢することも最初はそれ自体がストレスだったりしましたが、だんだんと慣れてきて、週に1回も通わないですむようになりました。

それでもたまには行くのですが、自炊のレパートリーも増えてきて、自宅でゆっくりとご飯を食べる良さに気づき、最近はそちらのほうが楽しみになっています。

ベルトの穴も2つほどきつめのを選べるようになり、最近は移動時の足取りも軽いです。周りからも最近はデブネタでからかわれなくなりました。

まとめ

暴飲暴食が原因で太ってしまった人に向いていると思います。私自身が毎晩のようにラーメンの大盛りを食べるような生活をしてぶくぶく太っていってしまったので、そのようなことが原因で体重が増えて困っている人にはおすすめしたいです。

コツとしては、いきなり極端な食事の改善をしないことです。正直、週に3回までといいつつ、ストレスが多かったり仕事がハードだったときは4回食べる週もありました。

それでも、できる限りラーメン屋にいかなくても良い気分のときは惰性で行くようなことを避けることが大事です。また、普段運動不足の人にもおすすめです。

仕事帰りは疲れていて運動する気はないと思いますが、休日の30分程度でいいのでいつもの通勤コースからはずれた街を散歩すると運動になるだけではなく精神的なリフレッシュにもなります。

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事