ライフスタイル

【無印米びつ】新型より旧型を絶対買おう!驚くほど使えない3つのポイントとは?

シンプルで使い勝手が良いアイテムを提供している無印良品。今回はキッチン用品として【米びつ】を紹介します。 無印の米びつもシリーズ作品として人気です。私自身も愛用しています。

しかし、最近米びつが新しく[新型]として発売された模様。その米びつが使いにくいと評判みたいなので、今回は旧式の米びつと新しく発売された新型の無印の米びつを比較しましょう。

【無印】米びつおすすめ!旧式と新型[使い勝手が異なる?]

f:id:ann1007:20190420153312j:plain

1人暮らしを始めた際に、大きめのタッパーのようなものでお米を保管していました。冷蔵庫にはもちろん入らないような大きさだったのですが、ある日米ムシに襲われてしまいました・・・ また、お米専用ではないため計量カップも簡易なものですませていて、たまに軽量がうまくいかず変なお米の炊きあがりになってしまうという失敗もありました・・・。

そんな時にネットで無印の米びつが冷蔵庫ポケットで収納できるサイズでとても良いという情報を発見しました。 ホワイトとクリアで計量カップが蓋になるシンプルで洗練されたデザイン。

モノトーンのインテリアに目覚めたときでもあったので絶対に欲しいと思いました。 ただ、なかなか無印に行ける機会がなくしばらく買い替えできずにいたのですが、無印良品期間がやってきた際にネットで注文して購入させていただきました。

無印の旧型米びつとは?

f:id:ann1007:20190420153407p:plain

2キロのお米が入るプラスチックの米びつ。蓋が計量カップになっていてホワイトとクリアのシンプルで洗練されたデザインです。 冷蔵庫のポケット部分に立てて収納することができるので、暑い地域や暑い時期のお米の保存には本当にオススメの商品です。(ちなみに18度以上になると虫が発生しやすい環境になってしまうそうです!)

f:id:ann1007:20190420153427p:plain

上記の写真のように、米びつは冷蔵庫保存にした方が、お米の鮮度を保つことができるそうで、美味しくいただけるみたいです。ちなみこちらの画像は参考写真です。 無印の米びつは持ち手はついていないのですが、容器にくぼみがあり片手でもしっかり持ち上げられるデザインです。

注ぎ口も細くシュッとしているのでこぼしたりすることもありませんー! 蓋の取り外しも簡単ですし、手がおくまで入るちょうど良いサイズなので洗うのも簡単で清潔に保てます。値段も1000円前後なので手が出しやすいと思います。

無印の米びつは2種類?新型と旧型?

f:id:ann1007:20190420153500p:plain

実は人気の無印の米びつですが最近新しく新型の米びつとしてリニューアルされたのです。 左が従来の旧型の米びつ。右が現在販売されている新型の米びつです。 実は新型になってからあまり人気がないみたいなのです。口コミ評価でも以下のコメントを見つけました。

容量入るのはいいけど重いしすーーーっごく持ちにくい!!! 持つ部分をもう少し細くするなりしたら良かったのにあと、お米補充しやすいけどその分使う時はドバドバ溢れる。白い部分が取れないので洗いにくく、蓋が計量カップになってるのはいいけど、ズボラしてその部分を引っ張って持ち上げたら取れる!

あまり評判がよくないみたいです。 素材の違いなど細かい点はありますが、私が思う相違点は主に2つです。

蓋を取り外すことができない

f:id:ann1007:20190420153604p:plain

旧式は蓋を取り外してお米を補充することができました。しかし、新型は蓋を取り外すことができないので、直接お米を注ぐ必要があります。その結果、お米が溢れる危険性があります。

しかし、蓋を取り外せない結果、メリットもあります。冷蔵庫保蔵する際に、横置きで保存することができます。従来の米びつも横置き保存はできましたが、蓋が開く危険もありました。 今回リニューアルされたことで、その心配もなくなりました。 でも、蓋が取り外しできないのは、米びつを洗う際にちょっと面倒臭い気がしますね。

計量カップがスタイリッシュに!

f:id:ann1007:20190420153626p:plain

計量カップのメモリが目立たなくなりました。でもその結果、確認し難いというデメリットに!!!スタイリッシュを求めた結果→残念って感じです。

旧型をおすすめします

f:id:ann1007:20190420153407p:plain

新型が好きって人もいるかもしれませんが、私個人の意見としてはやはり、旧型をおすすめします。新型はまだ発売したばかりです。無印のお店でも旧型を扱っている店舗、ネットでも旧型を販売しているお店はあります。

もしこれから旧型購入検討しているならネットか直接無印良品へ

旧型米びつを使った感想

f:id:ann1007:20190420153500p:plain

お米を冷蔵庫で保管するようになりました。もちろんコメムシとはおさらばすることができましたし、お米を入れ替える時の洗う作業もとてもスムーズになりストレスフリーになりました。

また、容器がクリアなので冷蔵庫を開けるたびにお米の量が目に入り、無くなりそうな時の買い足しサインを見逃しずらくなりました。 (以前は買い忘れてお米が底を尽きてしまうこともありました・・・)分量を間違えたりお米をこぼしてしまうこともなくなりました。 冷蔵庫内もすっきりとした見た目になり清潔感があります。

嘘みたいな本当の話なのですが、お米を炊く機会が増えました(パンの割合が減りました!)とてもお気に入りの商品なので、こちらで紹介している次第です!

【無印】手帳の使い方と使いやすいアレンジ3選紹介[2020年最新版]「2020年最新版」手帳やスケジュール帳で今回是非ともおすすめしたいのが【無印良品】のスケジュール手帳です。スケジュール帳なんて、一見ど...

4つのメリット

f:id:ann1007:20190420153733j:plain
  1. 2個使ってパンパンに入れると5キロまで入るという口コミを見たこともあるので、家族の多い方でもよいのではと思います。お米ムシでお困りの方に本当にオススメの品です。
  2. 冷蔵庫でスリムに場所を取らずに保管できる画期的な米びつです! 見た目もスタイリッシュで分量もわかりやすい。
  3. 洗いやすいので清潔、見た目も清潔ですし冷蔵庫内のモノトーン統一にもオススメです。
  4. 米びつとして以外にも、小麦粉やシリアル入れなど用にも活用できるとおもいます!特にシリアルはとてもちょうどよく、注ぎ口もシリアルのために作ったのかくらいハマります。 おそらく一般的な野菜室に立てて入れることができるはずなので、ドアポケットの他にも収納場所は確保できます。

デメリット

f:id:ann1007:20190420153903j:plain

あまり思いつきませんが、蓋部分を持って動かしてしまうと当然落ちてしまうことがあると思うのでやめておいたほうがいいと思います。 また、本来は横にしても大丈夫な商品なはずですが、蓋の強度は少し心配なので私は横にしての保存をしたことはありませんしお勧めしません。

また、ツルツルしているのですべりやすいと思う方もいらっしゃるかもしれません。 あとは1つしか購入していなければ、5キロのお米を買った時に余った分の保管方法には相当迷ってしまうと思います。 結局2つ購入してしまえば解決出来ますし、洗い替え用に2つ持っているのがいいかもしれません。

まとめ

一人暮らしや二人暮らしでお米の消費量が少なめの方におすすめの米びつです。また、モノトーンインテリアや詰め替えで白いケースに統一している方、潔癖症な方にも良いと思います。 私と同じようにコメムシに悩んでいた方や冷蔵庫以外の場所でお米を保存していた方にはぜひ購入してみていただきたいです。

何度も書きますが5キロでお米を買う習慣がある方は、2つ買ってパンパンに収納するととてもすっきりするのではないかと思います。 あとは、シリアルを日常的に召し上がる方にもとてもとてもおすすめです。

一般的なシリアルバックだとチャックの部分に細かいシリアルが挟まったりスリことがあるかと思いますが、それにくらべて、毎朝格段に楽になると思います。

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事