海外旅行

【英検3級】ライティング1分で書けるコツと練習問題[小学生向け]

「英検3級ライティング2019年度最新版」2017年度から英検3級試験にライティングも導入されました。ライティング「英作文」が導入されたことで戸惑う人もいるかもしれません。しかし、英検ライティングはテンプレートをしっかり覚えれば十分に得点することができます。

むしろリスニングやリーディングよりも簡単です。今回は小学生でも1分もあれば満点回答が完成できるライティングの書き方を紹介します。ぜひそのコツを学んでください

英検3級ライティングのコツ「小学生向け」

Aymanejed / Pixabay

まずちょっとしたコラム的なお話からしたいと思います。英検3級ライティングはどちらかと言えば小学生にとってラッキー問題である!!得点源にできる!ってお話です。英検3級ライティングが2017年度からスタートすることで、今まで採用されていた問題が代わりに削除されてしまいました。

英検4級、5級と受験してきた人なら知っているかもしれませんが、従来は3級にも「並び替えの問題」がありました。

しかし、ライティングが導入され、並び替え問題が代わりに削除されることとなりました。私が今日まで塾講師として英語、英検指導をしていると、大半の小学生は並び替え問題につまずき、失点するパートでありました

並び替え問題がなぜ苦手であるのか?その理由は簡単です。小学生には文法の知識がしっかり身に付いていないからです。大半の小学生は英会話教室を通っているので、リスニングは得意です。しかし、文法やリーディング、そして長文になってくると感覚で英語を解いているからです。

確かに簡単なフレーズを並び替える程度の問題なら解けますが、ちょっと文法知識が必要な問題になってくると解くことができません。

断言!「3級ライティング・得点源にできるパート」

並び替え問題と比べて「英作文」ライティングは小学生にとって非常に簡単で得点源にできると断言します。ライティングはある意味、’穴埋め問題と言えます。

テンプレート「形」を覚えて→空いた部分を簡単なワードで埋めるだけです

どうですか?聞いただけで簡単そうに思えませんか?今回から2つのパートにわけて小学生でも英作文で合格点以上または満点が取れるような解説をしていきますので、どうぞ参考にしてください。

また、あなたが埋めるワードを思いつきませんって言うのであれば、英検の問題用紙から探して使えそうなワードを使ってくる方法を説明します。その結果、自分で英作文=自分で考えるではなく、英作文=穴埋め問題となり本当に簡単な問題となってしまうので人によれば、1分以内に解答するすることもできます。

英検3級ライティングの書き方・テンプレートとは?

 

ライティングに関して不安に感じると思います。しかし、しっかりと対策をすれば、ライティングは簡単な問題です。小学生の方も得点源にできます。英検3級ライティングの導入に伴い、実はある部分の問題が削除されました。この問題は大問2の並び替えの問題です。この問題は以前まで小学生が苦手とする分野でした。

苦手の理由は簡単です。文法の知識がしっかり身に付いていないからです。英会話教室を通っていた経験のある子供はリスニングを得意として、感覚で英語を解いている子供は少なくはありません。

簡単な並び替え問題なら解けますが、ちょっと文法知識が必要になってくると歯が立ちません。しかし、今回この分野がライティング導入のおかげでなくなったので小学生は英検3級に合格しやすくなったと個人的には思っています。

並び替え問題と違ってライティング問題は簡単なのでしょうか。僕はライティング問題のほうが簡単だと思っています。ライティングの勉強方法はある程度の書き方やルールを少し覚えて、あとは知っている単語を埋めるだけの作業です。

もしあなたが単語やアイデアが思いつきませんって言うのなら、問題文から単語を拾ってきたら良いと思います。そうすることによって単語のスペルミスはなくなり、自分で考える時間が減ることで別の問題に時間あてることができます。

ライティングの3つのポイント

ここに本文を入力

1.ライティングの書き方、ルールを少し覚える

2.与えられた質問に対して簡単な単語を使って文を作る。

3.文が作れない場合は問題文から使えそうな英単語を見つける。

[/box01]

この3つの手順に従ってライティング問題を解答していきます。では実際に例題を使って解説します。

例題

  • あなたの考えとその理由を2つ英文で書きなさい。
  • 語数の目安は25~35語です。
  • 解答 が質問に対応していないと判断された場合は、0点と採 点されることがあります。

問題をよく読んでから答えてください。

QUESTION

What is your favorite sport?(あなたの好きなスポーツは何ですか?)

1.ライティングの書き方、ルールを少し覚える。

ライティングは書き方があります。これを覚えてしまえば小学生でも簡単にかっこいい文章を書くことができます。ではそのルールを説明していきます。

国語の作文と一緒で起承転結で書くようにします。つまり冒頭(あなたの考え)、理由1、理由2、結論(もう一度あなたの考え。表現を変えるとgood)

冒頭と結論は質問文を利用して書くように工夫します。今回の場合はyour→myに変えて好きなスポーツを入れます。また最後の結論はThat’s why〜 (こうゆう理由で〜です。)を使って書き始めるようにします。これを使うだけで論理的な文章に見えます。

理由の書き始めはThis is beacuse〜The reason is that〜,または順序立てて言いたいのならFirst,Also,を使うようにします。

冒頭

My favorite sport is (     ).私の好きなスポーツは(  )です。

理由1

The reason is that 〜(     ).その理由は(   )です。

理由2

Also(     ).また、(   )です。

結論

That’s why〜(  ).こうゆう理由で(   )です。

以上がライティングの書き方です。あなたが覚える所は(  )以外の所です。

(  )は簡単な文章を入れてくれたら合格点に届くと思います。大切なポイントはライティングの型を覚えることです。しっかり練習して本番までに得意にしてください。

また(   )の中にどうしても文章を入れれない方は英語の問題から使えそうな英文を拾ってきて使うのもありです。

結論の(  )は冒頭と同じ言葉を入れることもできます。しかし、見直す余裕があるなら違う表現を考えて自分なりに工夫して結論を書いてみましょう。

解答例

My favorite sport is soccer.

The reason is that I play soccer with friends evey day.

Also, It is very fun for me to practice soccer.

That’s why I like soccer best.

英検3級ライティングで簡単に使えるフレーズ

英検3級ライティング試験の対策はシンプルでわかりやすいです。英作文の書き方と使えそうなフレーズを覚えることが1番手っ取り早いです。上記内容では小学生向けのライティングの書き方を紹介しました。ここからは、簡単に使える応用可能なフレーズを紹介します。

この記事は小学生が英検3級に合格することを目標としています。内容が簡単と思われるかもしれませんがご了承ください。

英検3級は2017年度試験からライティングが導入されました。リーディングとリスニングに加えてライティングの対策も必要となります。

前回の記事でライティングの書き方について紹介しました。ライティングは国語の作文や小論文と同じで書き方(ルール)があります。その書き方を覚えることが大切です。書き方(ルール)とは

自分の主張→理由①→理由②→再主張の順番

で書くことです。

この順番で書くことによって減点されにくい英作文を作ることができます。また、このルールの中で使えるパターンやフレーズがありました。その語彙を覚えるだけ英作文は本当に簡単に作ることができますので確認していきましょう。

英作文で何度も使えるフレーズやパターン

f:id:buchibuchi4647:20170423184833j:plain

どんな質問されても必ずライティングで使える英語フレーズがあります。この語彙を覚えることでライティングは考える問題→穴埋め問題(簡単)となります。語彙も多くなく小学生向けですので、テストまでに確認しましょう。

書き出し(自分の主張)で使えるパターン•フレーズ

英作文の書き出しは自分の考え(主張)を書きます。ここでは語彙を無理に覚える必要はありません。その理由は相手の質問文を使って英作文を作るからです。

たとえば、「Do you like to study English?」とライティングで質問されました。以下のように答える練習をしましょう。

あなたの考えが「yes」場合

I like to study English.

あなたの考えが「No」場合

I don’t like to study English.

質問文をそのままオウム返しのように答えてください。どの質問にもこのパターンで書くように練習しましょう。「yes」や「yes,I do.」で書かないようしてください。ライティングは少しでも論理的文章に見せることが大切です。

理由①で使えるパターン•フレーズ

理由で必ず使えるフレーズは「because(なぜなら〜です。)」です。理由を表す接続詞です。ただし、ここで注意したいのが以下のような間違いをしていないか確認してください。

(×)Because I want to be an English teacher.(私は英語の先生になりたいからです。)

ライティングは文頭でBcauseを使うと減点になる可能性があります。Becauseは「接続詞」なので文と文をつなぐ働きといった理由から使えないのです。しかし、こちらは採点者や学校の先生によって使えると判断する場合もあります。

英会話や「speaking」は文頭に「because」を使って話しているネイティブも少なくはありません。しかし、英作文(ライティング)は以下のように書き直したほうが減点されることはありませんので、こちらの使い方を覚えましょう。

(○)This is because I want to be an English teancher.

意味はほとんど同じです。大切なのはbecause(接続詞)を文頭で使わないようにするためにThis is because〜を使うことです。

理由②で使えるパターン•フレーズ

英検3級ライティングは理由を2つ書きます。先ほどのThis is because〜を再度使っても大丈夫です。ここではどの質問にも応用できるフレーズを紹介します。

どの質問に対しても使えるフレーズ

英語:「It is 『形容詞』 for me to 動詞の原形〜

日本語訳:(わたしにとって〜することは『形容詞』です。

このフレーズを覚えてしまうと、どんな質問に対しても理由を表現することが可能です。また、語数が足りない足りない場合に語数を稼ぐこともできます。とても便利なフレーズなので必ず使うようにしましょう。

例:It is very fun for me to study English.

(私にとって英語を勉強することはとても楽しい。)

簡単に理由の解答を作ることができます。また少しでも論理的な文章を作るために理由①→理由②と書くときに自然な流れとなるように、「Also(また、)」を理由②を書く前に必ず書くようにしましょう。

再主張で必ず使えるパターン

最後に再度あなたの考えを主張するので、最初に書いたあなたの考えを書くようにしましょう。ただし、理由②→結論と自然な流れがここでも大切です。そのときに使えるフレーズは「That’s why(以上の理由で〜です。)」を使います。内容は小学生レベルですが、文章構成をしっかり仕上げることが大切です。

例:That’s why I like to study English.

解答例

使えそうなパターンとフレーズを確認しました。大切なのは文章構成をしっかり作ることです。使っている単語は簡単なレベルで論理的文章を作ることです。以下に解答例を書きましたが、単語レベルは英検5級〜4級です。

  • あなたの考えとその理由を2つ英文で書きなさい。
  • 語数の目安は25~35語です

Q:Do yo like to study English?

A:I like to study english.This is because I want to be an English teacher.Also,it is very important for me to study English.That’s why I like to study English.(32語)

ではライティングの書き方をここでちょっとまとめます。

1.ライティングの書き方、ルールを少し覚える

2.与えられた質問に対して簡単な単語を使って文を作る。

3.文が作れない場合は問題文から使えそうな英単語を見つける。

この手順に従ってライティング問題を解答していきます。

サンプル例題

以下の指示に従い、questionについてあなたの考えと理由を2つ英文で答えてください。

  • あなたの考えとその理由を2つ英文で書きなさい。
  • 語数の目安は25~35語です。
  • 解答が質問に対応していないと判断された場合は、0点と採 点されることがあります。

問題をよく読んでから答えてください。

 QUESTION :What do you like to do in your free time?(あなた時間があるときに何をすることが好きですか?)

1.ライティングテンプレート「形」を暗記

英検ライティングは正しい書き方「テンプレート」があります。テンプレートを覚えることで、小学生でも簡単に論文のような文章を書くことができます。今回はそのテンプレーの書き方について解説しましょう。

指示にもあるように「冒頭(あなたの考え)、考えをサポートする理由1、もう一つサポートする理由2」を順番に書きます。これで3級英作文は完成です。

冒頭「質問に対するあなたの考え・気持ち」のテンプレートは質問文をうまく利用して書くようにします。今回のquestionはに変えてyou→Iと変えて動詞もそのまま使います。

例:I like to use my computer in my free time

太字はそのまま質問文を使っています。残りの「use my computer」を自分で考えて埋めています。今回はなるべく簡単なワードを使っています。他にも「play soccer/stduy English」など自分が書けそうな単語を埋めましょう。大切なのは自分についての考えではなく、スペルミスをなくすために書ける単語を選ぶことです

【英検3級】ライティング予想問題11問・解答あり・おすすめ対策は?【2019年12月最新版】英検3級試験にライティングが導入されました。今回はライティング試験に向けて予想問題を11問用意しました。解答例...

まとめ

今回は英検3級ライティングの書き方を小学生向けに解説しています。本日は、パート1としてテンプレートの暗記・そして、質問に対する考えの書き方までを解説しました。次回はメインとなる理由の書き方、そして語数の稼ぎ方などを解説していきます。

英検ライティングは本当に単語を埋めるだけの簡単な問題なので、是非是非参考にしてください。この続きが気になるなら、以下の記事を読んで、続きを読んでください。よろしくお願いします。最後はライティングの予想問題としてサンプル例題にレベル別に10問チャレンジできるようになっています。

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事