海外旅行

[英会話]着実に身につけたいなら参考になる5つの方法[無料・ビギナーOK]

今回の記事は少し長いです。長い理由は「英会話」がテーマだからです。本来はシンプルな学習法を手っ取り早く紹介すれば良いのですが。

実のところ、その人にあった勉強法とはその人しかわからないものである。つまり、今回は5つの英会話学習方法を紹介していくので、その中であなたにあったものを選んで実践してくれたら良いと思っています。

どのルートを選んでも最後は英語を話すというゴールは変わりないです。あなたの現在の立場・状況・英語レベル・性格によって学習方法は違うのだから。本当は十人十色ということで10個くらい紹介したかったのですが。まあ、今回は5つで勘弁してほしいと思います。

英会話は五感を意識することで、確実に身につけることができる?

英語には読むこと、書くこと、聞くこと、話すこと、と4技能が必要とされています。あなたもそれらのうちのいずれかが得意でまたは不得意があるのではないでしょうか?

確実に4技能を伸ばしていくには五感を意識することが大切だと言われています。英語の4技能を身につけるための方法を今回はまとめました。

学習には五感をしっかりと意識して勉強することが大切だと聞きます。それは英語も例外ではありません。つまり、英会話学習とはいえ、自分の手で書くことはとても重要だと思いました。耳で聞いて、しゃべって、手を動かして書くことという、三つがすべて揃って英会話の勉強がスムーズになるのだと思っています。

もちろん頭の中で文字を浮かべるのは防止したほうが良いのですが、すべての物事を英語で考えたり、脳内を英語にすることは本当に大事です。先生との相性ももちろん大事ですが、自分が英語に親しむには、脳内を英語でひたすことでコミュニケーションがとりやすくなると感じました。

英語を学習するのではなく、相手に伝えたい想いが英会話力を伸ばす

オンラインで英会話という教室に通ってはじめて、中学生以来に英語を本格的に勉強しました。最初は行くのがいやになりましたが、英会話の先生が日本のアニメ好きで日本にきたことを知り、先生ともっとコミュニケーションをとりたい、と思いました。

伝えたいと思うとがんばれます。聞くこと、書くこと、しゃべること、いろんな手段を使ってコミュニケーションをすることは大事で、伝えようと思えばいろいろ勉強することができるな、と思いました。

英会話に対して自信ができた

まず、英会話を習ったことで、英語圏の人たちだけでなく、中国やヨーロッパなどの方ともコミュニケーションが取れるようになったのが良かったです。私は接客業をしているのですが、今までは対応できない外国人のお客さんに、いろいろ伝えられなくて悔しいと思っていました。

また、近所で困っていたり、日本で見かける外国人の方に対してなにもできない自分が悲しくなっていました。しかし、英会話を身につけることで、しゃべることができるようになり、コミュニケーションできるようになりました。その結果、英語に対する自信がつきました。

メリット・デメリット

デメリットとしては遠回りだとおもいます。なかなか書くことというのは時間をとられるものなので。そして、聞くこととしゃべることと全部一緒にやることで効果が現れるものなので、人によってはめんどくさいと思うかもしれません。

メリットとしては、英語圏以外の人とは筆談のほうが通じることもあるということです。どちらも英語圏ではなく、英語がちょっとしゃべれる程度なら、知っている単語を並べていくほうがわかりやすいこともあります。

本気で喋りたい人におすすめ

英会話教室はそのなかでも万人に合っている方が多い勉強方法ですが、書くこととしゃべること、聞くこと、というのはかなり集中力を使い、結構疲れます。

時間とお金に余裕があるかたと、本気でしゃべりたい、伝えたい、という方にはとってもおすすめだと思います。

英会話を身につける=音読

英会話や英語の勉強に音読は大切って言うけど、面倒だと思って投げやりにしていませんか?音読こそが英会話を身につけるための最短ルートであり、リスニングアップの方法なのです。今回は実体験から音読の本当の恐ろしさを改めて紹介したいと思います。英語に音読なしでは語れないと思いました。

私が今回、お勧めしたい勉強法は、『音読』です。ただ読むのではなく、精読して、意味や語法、発音がきちんと分かっている文章を音読するのです。

1回ではなく、何回も何回も。最後には、暗唱してしまうくらい、とにかく音読し続けることです。それは、長い物語でなくてもかまいません。

TOEICの問題に出てきた短文でもいいし、もちろん長文のパートでもOKです。精読し終わった文を、目から耳から口から同時に取り入れることによって、英語の語順や音をなじませていくのです。

英語はできるが話せない日本人

私は学生の頃、どちらかと言うと、英語の勉強は好きで得意でした。高校時代に実用英語検定2級も合格していたので、自分ではできる方だと思っていました。

リスニングもある程度は聞き取れていたので、外国の方と話す機会が出来た時に、楽しく会話できると思っていましたが、いざ話そうとすると言葉が出てこないのです。

簡単な単語さえ、あんなに書いて書いて書きまくったのに・・・。何で?話したいのに、言葉が出てこない歯がゆさで落ち込んでしまいましたが、今まで勉強してきたことは、『受験英語』だったと気づいたのです。それが、英会話への勉強へと切り替えるきっかけになりました。

発音できる音は聞き取れる→誰もが知ってる噂は本当であった

TeroVesalainen / Pixabay[/caption]

『自分で発音できる音は聞き取れる』と巷で聞くことがありますが、それが本当だと分かりました。音読を進めていくにつれて、リスニング力もアップしてきたようで、英語の音声が前より、ハッキリと聞き取れるようになってきました

テレビで流れてくる英語の音声にも自然に耳が行くようになりました。また、英語の発音や、口の開き方に慣れてきたようで、単語から単語へスムーズに流れるように、口をついて英語が出てくるようになりました。英語の勉強がますます楽しくなってきました。

音読のメリットとデメリット

メリットは、音読なので、書くスペースが無くても、文章が載っている1枚の紙さえあれば、どこでも勉強できることです。『さあ、勉強始めなきゃ!!』と言った勉強をスタートさせる覚悟は必要なく、『5分時間があるから、読んどこうかな』と気負いすることなく始められます。

デメリットとしては、声を出すので、静かなところでは、少し難しい時があります。周りに迷惑を掛けないくらいの声で音読するか、どうしても無理な時は、口パクでするようにするなどしてみるといいと思います。

子供の言語習得と同じ

日本人の子供が、言葉を習得していく様子を考えてみてください。①お母さんや、家族、周りの人の言葉のシャワーを浴びます。②ママ、まんまなど、単語が言えるようになります。③2語文、3語文を話すようになります。④絵本を読み始めます。⑤書くことに興味を持ち、ひらがなを書き始めます。⑥難しい漢字、難しい文法を習います。

私達は、音から入り、簡単な文章を何度も何度も話して暗記するくらい刷り込むことで、言葉を話せるようになります。

それは、英語の勉強を習得するうえでも同じことが言えると思います。音読ができると英語が話せるようになるこの言葉をしっかり信じて英会話学習を頑張っていきましょう。

英会話を伸ばすには音読が必要?

英会話を身につけるには反復練習が大切と言われますが、どういった練習をどれくらいの頻度で反復練習すればいいのか悩んでいませんか?せっかくの時間を英語に割くのであれば、無駄にしたくないはず。今回はあなたも知っているシャドーイングの効果に関して、実際の体験をもとに紹介します。

テストでスコアを稼ぐための英語ではなく、本当に話したいならまず「シャドーイング」がおすすめです。シャドーイングとは、英語で話す人の言葉を追うように同じ言葉を言うことです。この方式がおすすめな理由は、シャドーイングすることで英語の言い方に慣れる・口で表現を覚えるからです。

シャドーイングを英会話でオススメする理由

kaboompics / Pixabay[/caption]

英語を勉強する時、ついノートに書いたり、ネットに載っている表現をゆっくり発音したりしますよね。でもこれじゃいつまで経っても英語は話せないです。大切なのは英語の早さに慣れる、英語の話し方を真似すること。こうすることで次第に英語が聞き取れる、話せるという力がついてきます。

私が英語を今ほど勉強しはじめたのは、「フレーズが聞き取れたこと」がきっかけです。以前から英語に興味はあったものの、全く話せなかった私は英会話を習い始めました。

しかし英会話でも全く話せず、やけくそになって独学で英語を勉強しはじめたんです。洋楽、アニメの英語字幕、洋画、色々使って英語を勉強し始めました。ある日、洋画映画の予告を何気なく見ていたら「Am I interrupting ?」とはっきり聞き取れて発音ができたんです。

思い返してみると、この言葉が出てくる場面を何度も口で言っていたなと思ったのが、この勉強をしたきっかけというわけです。

シャドーイングによって英語力はどれくらい変化した?

電車で外国人がとなりに座ってもドキドキしなくなりました。たまに会話とか盗み聞きして、シャドーイングしています。ネットで情報を調べるときも、海外のページにもアクセスできるようになりました。

オーバーラップに出会う前は英語が見えただけで、うぇ〜という感じでしたが、今は英語に反応しなくなり、情報量も一気に増えた気がします。あと家族にも英語を教えることができるようになり、こうしてクラウドソーシングでも英語ネタについて書けるようになりました。

シャドーイングのメリット・デメリット

メリットは、選んでいる映像にもよりますが「比較的綺麗な発音が出来るようになる」こと。「YouTubeを使えば0円」です。 デメリットは「人前では恥ずかしい」「家でしかできない」「何度も同じ映像を見るので、それなりに忍耐が必要」「最初は舌と頬と頭が痛い」などがあげられます。

こうして書いてみると、デメリット多いな・・という印象ですが、どれも「耐えられない!」というほどではありません。英語を学習する上で、金額もネックとなることが多いですが、YouTubeなど動画サイトを使えば0円です。

まとめ

オーバーラップを続けることで、絶対に話せるようになります。それは、私にもできたのだから、難しいことではないです。私たちも日本語話してるけど、例えばフライパンがフライパンって言えるのは、何度も何度も言ってきたから言えてるよね。きっと小さい頃、何度もお母さんに「これ、何て言うの?」って聞き返したから、覚えることができたんです。

だから、何度も何度も練習したら絶対話せるようになります。現に私たちこうして今、日本語話しています。だから、英語学習に才能なんて関係ないです。やるかやらないかです。頑張りましょう。

動画サイトを使って英会話を身につけるレビュー「実体験と使用したテキストなど紹介」

海外ドラマなど動画サイトを使って本当に英会話を身につけることができるのでしょうか?今回は実体験と実際に使用したテキストなどまとめたレビュー記事となっています。英会話勉強を無料で検討している人向けの記事となっています。

もし話せるようになりたいのであれば、絶対に動画を見るべきです。これはyoutubeやnetflixのようなサイトで構いません。

youtubeでは好きなアーティストのインタビュー映像などを自動字幕でもいいのでなんとなく言っている単語や文法を自然に聞き流すのではなく5分くらいのものを集中して聞くことをお勧めします。

もちろん、海外ドラマでも構いません。とにかくたくさん聞いて日常で独り言のように言っているとすぐに言葉で出せるようになります。

英語は筆記はできるが、リスニングができない

Free-Photos / Pixabay[/caption]

こんな経験ありませんか?もともと英語は好きで高校時代は点数も良かったのですが、筆記ばかりでリスニングに関しては全くと言っていいほど出来ませんでした。 仕事はアパレルなのですが海外の方と交流することも多く、必然的に英語が話せたらもっと楽しくコミュニケーションが取れるのにと感じることが多く、この機会に学生のように勉強してみようかと考え行動に移しました。実際にスピーキングは筆記で勉強してては全くダメだと気付いたのが3ヶ月後くらいでした。

英語は意外な場所で成果が表れる

常に身の回りの物を英語で表現できるようになりました。そして瞬時に分からないことは検索して調べるという習慣も付いてきました。その結果、英語の知識は付いてくるものなんだと感じます。

そして特に最近は海外観光客の方が増えてきている為、道に迷っていたり偶然面白い出会いがありコミュニケーションができるといった嬉しい出会いもあったりします。特に私は音楽が好きでliveやclubによく行くのですが多くの海外の方と仲良くなることが多いです。

動画サイト学習のメリットとデメリット

メリットはとにかくリスニングとスピーキングの両方のスキルが身につきます。日本では英語を使う人が少ないので話さなくても生きていける国です。なので自ら進んで取り組まない限りはすぐに忘れてしまうでしょう。 一方のデメリットなのですが、動画を見て学ぶ場合もちろんスラングや若者言葉、その時に流行っているワードや文法が間違っている為、人から『これってどんな文法なの?』と質問された場合に説明するのが難しい場合があります。

まとめ

英語を勉強しないで話せる人なんて生まれたばかりの子供くらいです。赤ちゃんは自然と親からのその言語を学んでいきます。もちろん私は日本語を話していますが、今だに分からない日本語はたくさんありますし習ってきていないものがたくさんあり、使いこなせません。 英語も同じでまずは長い期間触れていないと覚えることもできませんし話せることなんてまず無理です。よく聞き流すだけで話せるようになるといった教材がありますが、あれもある程度の文法を知らないと難しいでしょう。

やはり、語学は継続が大切であり、そのためにも途中でドロップアウトしない教材選びが大切です。そのためにも毎日少しずつ勉強できるもの=楽しい勉強と考えます。動画サイトは百聞は一見に如かずです。まずは自分で体験して、その楽しさを実感してみてください。

オススメ教材

最後に動画サイト勉強と一緒に役立った参考書を紹介します。

私は基本的にDUO3.0という単語帳をひたすら見ては口に出し使っていくようにしました。少し難しかったり『ここでは使わないんだろうな』と分かっていながらもあえて使うことで覚えていくことができます。

あとはとにかく動画を見ることです。私はスマホで動画を落とせるアプリをダウンロードし、好きなアーティストのインタビュー動画をひたすら見ては使ってみた文法や単語を見つけ出しアウトプットするようにしていました。これは長続きできるかと思います。

無料で英会話を身につけるならVRChatがオススメ

近年人気の無料オンラインで学習できるチャットアプリのみで英会話が上達するのであろうか?実体験からリアルなレビューと共に検証したいと思います。今回は[VRChat]を使って私自身が英会話がペラペラになるのかレビューをまとめています。参考にしてください。

オンラインでチャットしたり実際に話したりすることができるアプリが英語を勉強する上で良いモチベーションになりました。

オンラインのスクールはどうしてもお金がかかってしまうのですが、フリーのアプリがたくさんあるのでそのようなものを使って、会話やライティングの勉強を楽しくできました。

とにかく英語で自分の話したいことを話したいことをできるだけ伝えるということは非常に楽しいです。特に厳密な文法の正しさなどというものは、このような場合もとめられていません。

https://www.vrchat.net/

チャット間で気軽に海外情報を入手できる

好きな海外の音楽の情報などを知りたくても、そんなに世界的にメジャーなアーティストではない場合、自分で海外のサイトから情報を集めるしかありません。そのようなアーティストのコミュニティーサイトに入っても、他に登録している人たちは、みな英語で情報をやり取りしていました。

私も、どうしてもそのような会話から情報を拾ったり、加わったりしたかったので、その中の人たちと最初はおっかなびっくりでしたが、チャットし始めたのがきっかけです。

チャットなら英語を使って友達が増える!しかも、無料!

次第に英語で自分の言いたいことを自然に伝えることができるようになると、いろいろな国の人と友達になることができました。英語は世界言語ですので、ただネイティブスピーカーの人たちと話すだけではなく、いろいろな国の人と話す機会ができたのはすごく楽しいことでした。

英語だけではなく、他の国の色々な言語にも興味を持つようになり、少し日本語を教えるから相手の言葉も教えてくれないかといった感じで、いろいろな文化についての話などを聞くことができるようになりました。

メリット、デメリット

メリットは、とにかく楽しみながら勉強できることだと思います。リアルタイムで会話するのは本を読んだりビデオを見たりして学習するのとは違い、生きた会話を体験しながら学習することができます。

デメリットとしては、ストイックな文法の授業なので、多少文法的におかしいことを話していたとしても、お互い気にすることはありませんので、そのような厳密さや正確さを求める場合には、また別の学習方法が適切ではないかと思います

まとめ

結論から言って、無料チャットを続けるだけで、英会話はできるようになります。ただ、英語そのものを上達させたいというやる気と共に、英語を話すことによって何をしたいのかというモチベーションもある程度もっておく必要があると思います。

例えば、英語を勉強することによってより多くの情報がほしいとか、異なる文化についていろいろ知ってみたいとか、そのような動機です。英語を話す、理解するというのは、個人的な意見ですが、あくまでツールだと思いますので、それで何がしたいかがすごく大事だとおもいます。あなたが英会話に関してどこにフォーカスを置くのかが大切だと思います。参考にしてください。

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事