子育て

【3歳・イヤイヤ期】うんざりでは?〇〇な原因・役立つ対処法とは?

あなたも実は対象者かもしれません。イヤイヤ期であまりやってはいけないこと「こちらが口を出すこと」。危ないからと言って、何でもかんでも口出しすることは、子供の成長に悪影響です。

自分で思考することをやめ、将来誰かの頼りがないと選択できない子供になってしまう可能性があります。そうならないためにもイヤイヤ期の接し方は注意が必要です。

本日はイヤイヤ期の原因と役立つ対処法を先輩ママから紹介頂きますので、ぜひ読んでみてください。イヤイヤ期で悩んでいる私はとても参考になりました。

 イヤイヤ期は見守り、口出ししないことが大切だった話紹介

朝仕事が間に合うように、保育園に行こうと出発しようとした時の事です。いつものように靴を履かせようとしました。

すると、いやいやが始まります。それがだんだんとひどくなってきて、履いていた靴下まで脱ぎだす始末です。

大泣きを始めてしまい、何もかもが嫌になってしまったようでもう保育園にはいきたくない、と言い始めます。

着ていたジャンパーも脱いでしまって私も泣きたい気持ちになりました。どんな声掛けをしても、親の仕事に間に合わないという焦りが通じてしまうようで、悪い方向にばかり向かってしまいます。

かばんの中身もぶちまけてしまう始末で、しまいにはなんで泣いていたのかも本人もよくわからなくなっていたのでしょう。

家の中はぐちゃぐちゃで、気力が奪われてしまいます。朝から本当に疲れます。でも、何か一つ気に入らないことがあるとこのいやいやが突然始まってしまうので、いやいや期は本当に大変です。

親の都合でなく子供の都合がイヤイヤの原因

子供が自分の思うようにできなかったり、思うようにいかないことが原因だと思います。

自分でやろうと思っていたのに、先に親がぱぱっと靴を履かせてしまって、自分でやりたかったのにいやいやになったりです。

言葉がまだ上手く話せなくて、特に自分の感情について、今どう思ったのかとかどうしたかったのかという事を、言葉で上手く親や大人に伝える事ができないことに原因があるのでしょう。

親が先回りをしてしまい、特に急いでいる場合には、さっさと服を着せたり靴下を履かせたりしてしまうものです。

やってあげようという優しい気持ちからも、そのような行動に出るのが大人です。

しかし、自分で何でもやりたい時期で、自分でできるのにという所もあるのでしょう。

この前はやらせてくれたのに、なぜ今日はやらせてくれないのかなど、大人の急いでいる事情が子供にはわからない事もいやいやを誘発していまうのだと思います。

接し方は時間に余裕を持つことから


大人側が時間にとにかく余裕をもって、待ってあげることにつきるかと思います。

結局時間がないと焦ってしまう事で、子供に早く支度をしなさいとせかしてしまったり、大人がやった方が短時間で終わらせることができると、手を出してしまうことがいやいやを誘発させてしまうのです。

ですから、じっと待って、子供から助けを呼ぶまではそばや少し離れた所から見守る事が重要だと考えます。

多少は失敗しても、部屋がぐちゃぐちゃになっても、服が後ろと前が反対であっても声をかけずに、最後までできるまで待つことが、解決策につながるのだと信じています。

服を裏返しに着ようとしていても、我慢して見守ります。そうした事で、裏返しであろう子供は自分で全部できたことが嬉しいのです。

達成感を味わう事ができることが次へとつながります。それを邪魔してしまっては、達成感を味わう事ができず自己肯定感もさがってしまいます。子育てには我慢が大切です。

口を出しすぎることはよくない

口を出し過ぎる事や、手を出し過ぎることでしょう。

なんでも先回りをすることが、いけないことだと思います。例えば公園の遊具で、大人が見れば危ないなと思う場面や場所があるとします。

その時、大人はそこが危ないから気を付けてねとか、しっかりつかまっていなさいなど、ついつい言葉をかけてしまいがちです。

しかし、それが子供の成長や考える事をとめてしまったり、なんでも大人が言うとおりにしか行動ができない子を育ててしまうのではないかと思うのです。

身支度一つとっても、〇〇持った?などと子供が自分自身で確認をする前にこちらが確認の声掛けをしてしまうのは、よくない事だと思います。

大人は周りがよくみえる分、先回りをして声をかけがちです。しかしそれは、子供にとっては志向を停止させてしまうことにつながってしまうと思います。

思うようにやらせてみること

やはり、子供が思うように行動をさせることです。大人は、危険だけは避けるようになるべく見守ることに徹します。

そうする事が、いやいやをへらすことにつながるのではないかと、考えます。自分で何でもやれることで、反抗もいやいやも減ってくるので、ゆくゆくは子供も大人もストレスが減るのではないかと思います。

ただ、大けがにつながることは、大人が見守るなかできちんと予測してあげなければいけません。大人が見守る中で、子供はのびのびと行動をして、色々と考えながらどうやればうまくいけるのかを、実体験をして学んでいくのです。

それが自己達成感へとつながっていくので、自然といやいやは反抗する気持ちがへり、逆に探究精神が増えていくのだと思います。

やってみることが大切

まず、嘘だと思ってもやってみることです。見守る中で、好きなように子供が行動します。

しばらくすると、きっと子供の目がキラキラして何だか活き活きとしていることに、気づくでしょう。

多少部屋の中がぐちゃぐちゃになったり、引き出しの中が大人が出し入れすると綺麗なのに、ぐちゃぐちゃになるかと予想されます。しかし、その片付けは別の時にやるべきです。

支度をしているときは、そういう部分まで見守って目をつむることが解決策につながっていくので、試しに一週間口出しや手出しをせずに見守る事を、提案してみてください。

後片付けは最初のうちは大変だと思います。しかし、やっていくうちにそのしまい方も子供にとっては、よくないことなど見えてくると思います。とにかく何事も試してみることだと思います。

育児に自身がなく「手を出してしまった経験」

イヤイヤ期の時期には、ほんとに困ることがたくさんありました。カレーが食べたいと息子が言ったので、それを作ってたべさせようとしたら食べたくないとだだをこねはじめ、お皿をひっくり返す事件。

私は、このときかなり自分の子どものイヤイヤ期に自分自身がが追い詰められていたので、大声をだして怒り、お尻を叩いてしまった記憶があります。

あとは、病院へいこうと出かけようとしたとき、玄関から動かないんです。行きたくない行きたくないといって、予約までとったのにイヤイヤといって10分~15分ほど納得するまで息子は動きませんでした。

子供って、体が小さいわりにあかちゃんのころから、手の力ってあるんですよね。イヤイヤ期の2歳児から3歳児のときなんか、体全体をふんぞり返って抵抗するから、そう簡単には動かない子供に何度イライラしたことかと思います。

イヤイヤ期の原因と対策を紹介

私が思う、イヤイヤ期の原因は、自分が大きくなるための成長の証だと思っています。

いままでは、何でもママにやっていてもらったけど、自分のやりたいことやりたくないこと、回りが見えてきて、自分自身の芽生えがでてきたのかもしれません。

人としての感情の成長が、表立っていやいやの行動にうつったのかもしれません。しかし、いままでかわいい、かわいいと思っていた自分の子どもが、言うこと、行動一つをすることに必要以上に時間がとられる状態で、大人のわたししとしてはほんとに大変でした。

時間ある生活であれば、こどもに寄り添い、彼が納得いくまで動かなくてもいい、イヤイヤを気がすむまでやらせてあげたい気持ちもあるけど、そんなこと言っていたら生活が回らくなってしまうということに迷いというか、じれったい気持ちがありました。

そとからみたらほほえましいのですが、当事者のママたちはこの時期を乗り越えるのに一苦労です。

3歳のイヤイヤ期の対策は「あきらめること」?

langll / Pixabay

3歳ぐらいのイヤイヤ期の対策は、基本ないと思っています。その時期は、人間としての心の成長の時期だと割り切って、大人が譲れる限り彼らを見守る、待つの姿勢が大事なのかもしれません。

あとは、あきらめることも大事ですね。子育てには、正解がないし、その子によって性格も考えたも違うので対策方法はわかりません。

ただ、わたしは、自分の子供のイヤイヤがはじまると、手に負えないのでその場を離れたりして、落ち着くのを待つ、その他は違うことに目を向けさせるようにお菓子をあげたり、おもちゃを与えたり、音楽を聞かせたり、好きなテレビ番組をみせて気をそらせました。

すると、うちの子は自然と泣きわめいていたいやいやがどうにか落ち着きました。最初は、イヤイヤ期だとわからずに子供と真剣に戦っていた時があるんです。

わたしの意見を押しつけようとして、余計子供が大ごえで泣きわめきはじめたのでやめた、あきらめました。

一人の人間として接することも大切

Free-Photos / Pixabay

パパやママがやってはいけないNG行動は、一方的に怒ってはいけないということですね。ただ、こどもはイヤイヤが言いたくていっているわけでもないようです。

なにか自分に納得がいかないから、イヤイヤが始まるのです。小さいながらも、彼らは意見をもっているのんですよ。

小さいながらに、言葉もあまり上手に話すこともできないし、伝えることもできない状態だけど自分がきちんとあるんですよ。だから、自分の子どもなんだからと思わないで、一人に人間として一個人として接してあげることが大切だと思います。

しかし、そうはいっても現実は、パパもママも困りはてて、いやいや期の扱いは大変なんですよね。体力的にも精神的にも。

泣きたいのは、子供ではなくて、親の方でもあるんですよね。

イヤイヤ期のストレスを減らすために

790734 / Pixabay

イヤイヤ期、反抗期のにストレスを減らす方法は、リフレッシュ時間を少しでもいいから作ることです。

専業主婦のママは、24時間子供と一緒です。ホントに精神を崩すくらい子供を育てることは大変なお仕事なんです。

自分の産んだ責任感から逃げ出すこともできません。なんで、こうなんだろう、うまくいかない子育てと落ちこんだりしたりするわけですよ。それも、母親は特に無償の愛ですよ。

でも、ママも人間、休みたいときだったあります。だから、自分の好きなものを食べたり、おしゃれをするもよし、自分の好きな音楽をきいて気分転換もよし、旦那に子供をまかせて大声でカラオケで歌えばいいんです。

旅行は、おすすめしません。小さい子を連れていくと余計、それもイヤイヤ期なので余計つかれますからね。

自分の楽しみを持たないとあなたが潰れます

子育てって、かわいいだけ、楽しいだけではぜったいに無理です。特に自分の子どもに対しては、責任があるので。だた、生活の無理の範囲内で自分の楽しみを作らないことにはママもぶったおれますよ。

だから、割り切って誰かに預けて自分をかいほうする、または子供が寝ている間に自分の好きなDVDをみて、現実から離れてリフレッシュすることは大事ですよ。

子供が成長して思ったことは、あまり子育てはしっかりやるんだではなく、あいまいというか頑張らない子育て、子供と一緒に成長することが大切だなと思いました。

子育て・自我がでてきた子供の悩み

f:id:ann1007:20190504135432j:plain

自我=わがままでなく、それは子供の成長の証。しかし、ママからしたら、イライラやストレスの原因となる大変な時期です。

イライラ期もそうですが、そういった子供の対処法をしっかりと理解してあなたがストレスを溜めずにいることが子育てには一番大切です。

子育てに自我が芽生えてくと、子供も自分の主張やルールを持つようになってきます。子供のルールをヘタに押し曲げると子供は泣いてしまい、イヤイヤと泣きわめき、ママもイライラの原因となります。

しかし、そういったわがままでなく自我がでてきた子供をしっかりと1人の人間として扱い、うまく誘導することであなたはイライラすることなく解決することができます。

いやいや期は自我の芽生え?

子供の自我ができてくると、普段の生活の中で、子供なりに「色々な決まり」があるようで、それに外れた事をすると、泣いて怒って大変になってきます。

例えば、電車が好きな子供であれば「駅に電車を見に行こう」と言った場合に、最初は楽しみにして出かけるのですが、子供の中で「駅へのコース」が決まっていたようで、そのコースから外れると機嫌が悪くなり怒り始めます。

こちらは「駅に行こう」としていただけなので、子供が怒って泣く理由が分からず、子供も未熟で上手く伝えることができず、お互いに訳が分からなくなってイライラして、周りの目もあるので暗い気持ちで逃げるその場を立ち去るなんて経験もある方もいるかと思います。

親としては子供が好きな事、楽しめる事をしようと考えて、それを実行しようとしているだけなのに、親の思いもつかないことで引っかかって泣き出してイヤイヤ言われるとイライラするし悲しくなります。

小さい子供なので自分の気持ちを説明することができなかったのですが、こちらとしては「なんで?」と思ってイライラしてしまうし、子供に否定されたように感じてショックを受けて、可愛い時期なのに思い切り可愛がることができずいろいろと後悔してしまう時期でもあります。

事前準備、子供に提案

何度も同じ失敗を繰り返しているうちに「自我が芽生えた子供の中にはルールがあり、それに外れるとパニックになるんだな」と理解するようになります。 そのため、外に行く時はかなり早目に出発して、怒り始める予兆があれば、よーく話を聞き出し、できる限り子供の行きたい道順で行くようにします。

また、遊んでいる時なども自分の中でいくつか選択肢を用意して、子供の様子がおかしくなると、子供のルールを予想して、考えに当てはまるものを選ばせてあげられるように準備します。

その結果、時間にかなり余裕を持って行動するようになります。外出する時も、必要なもの以外の「もしかしたらいるかも」というものを沢山持っていくことがあり荷物が多くなります。 しかし、ギリギリで行動するよりは気持ちに余裕ができるし、寄り道なども楽しめるから良かったと思います。

また、時間を守ったり、ティッシュやゴミ袋などがサッと提供できるからか、ママ友や周囲から「キチンとしている人」という印象になります。私が実際そうでした。

まとめ

性格的に細かい人にしか合っていない方法かもしれませんが、「時間に余裕を持って行動する」ことはやっていて損はないと思います。イヤイヤ期と分かっていても、相手は愛しい子供だとしても、大人気なくカッとすることやイライラすることは絶対ありますが、時間や気持ちに余裕がないと、ますます自分を追い込んで辛くなってしまいます。できる備えは全部しましょう。

子供がイヤイヤ言ってイライラする時間が少しでも減れば、お母さんも笑顔になれる時間が必ず増えます。子育ては笑顔で楽しんだもん勝ちです。

ABOUT ME
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています