海外旅行

英文法・冠詞「a」と「an」の違い・使い分け「例題使ってわかりやすく解説」

冠詞「a」と「an」ってどうやって使い分けするのか?違ってどんなときだろうか?また、例外はあるのか?

今回は英語初心者向けに例題を使ってわかりやすく解説しました。この記事を読めばあなたも今日から冠詞マスターです。

冠詞「a」と[an]の使い分けできますか?違いまとめ

klimkin / Pixabay[/caption]

英文法の知識を知ったきっかけは、学校の授業で英文法の授業はきちんと聴こうと思って、一生懸命わからない所を辞書で引いて頑張って覚えたのです。

学校のテストで他の科目もなかなか点数が上がらなく、英文法だけは、満点を取りたいと思って、テスト期間には、テキストを何度もノートに書いて、丸暗記したのを覚えてます。

猛勉強したかいあってか、テストの成績も98点となり、後2点は、ケアレスミスをしてしまったことで100点は取れなかったのです。

[a]と[an]の基本的な使い分け

 

英文法で書く時に、ものに対して言う時にaとかanを使い分けることが大切なのです。例えば、単語の最初の文字a、i、u、e、oのどれかに当てはまる時は、その単語の前にaではなくanが来て、an appleとなります。

英文法を作成する時には、基本的なことなので、覚えておくといいです。aの後に単語が来る時には、a、i、u、e、o以外の時に使います。

例えば、ballですと、ballの前にはa ballとなります。aとかanを使う時には、1つの時に限ります。2つある時には、aは使わずtwoとかの後に単語が来ますので、気を付けてもらいたいです。

例:a bag →two bags

応用編

今までは、aとanの使い方を紹介してきましたが、必ずa、i、u、e、oのどれかに当てはまることはないです。ここが間違いやすい所なんですが、cup of coffeeという単語のフレーズがあった時には、前にaが付いて、a cup of coffeeになったりします。

訳すと、「コーヒー一杯」となります。また、honestとかhonorableなどの単語を発音する時には、最初の文字のhは発音しないことになってますので、無音で始まる単語には、前にanが付くのです。

また、例外があって、 uのアルファベットがyouの中のyの音になったり、oがwonの中のwの音になる時にはaを使わなくてはならないということです。

例として挙げるとa one-legged manやa European tripとなります。

注意点

jamesoladujoye / Pixabay[/caption]

このような英文法を取り入れて作成をする時には、所々にaやanを入れ忘れてしまうことがあるので、注意が必要です。英会話を覚える時など、このaとanの使い方をマスターしないとおかしな英文になってしまうので、慣れるまでは時間がかかるかと思いますが、aとanの使い分けを覚えて英文法をマスターしてもらいたいです。

例外もあるので、頭がこんがらがっている方もいらっしゃいますが、今紹介したものは、英文法の基本的なことなので、覚えておくといいです。覚え方としては、例外を重点的に行うことをおすすめします。きちんと、マスターすれば、将来的には、ネイティブスピーカーになれるかもしれないです。

まとめ

本日の内容をまとめます。基本的なことから教えると、英単語の母音のa、i、u、e、oが単語の最初に来る時には、aではなくanの文字が来るようになります。その他の単語には、aで始まるものが多いです。しかし、例外として、単語の最初の文字がhから始まる単語では、hは発音しないことになってます。馬のhorseとかはを発音するので間違いないようにすることです。honestやhonorableは、hは発音しないので、その時には、anが付くようになります。

冠詞の【a】と【an】の使い分けは英語の基本であり、忘れがちにします。しっかりと頭に入れて学習していきましょう。

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事