子育て

【2歳児】イヤイヤ期の原因と役立った対策紹介[実体験レビュー]

魔の2歳児と言われているこの時期。これくらいからイヤイヤ期が徐々にスタートするのではないでしょうか?こちらの都合なんて全く関係なし!!本当にストレス溜まると思います。

本日は2歳児のイヤイヤ期の原因といろいろと先輩ママからアドバイスをいただいた中から本当に役立った対策方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

イヤイヤ期「2歳」原因と対策]

娘が2歳の時に経験しました。保育園に通っていたのでお兄ちゃんお姉ちゃんのマネがしたくてしょうがなかったのだと思います。毎朝繰り返される自分で靴履く、ボタンも自分で、オムツは嫌という日々が続きました。

毎日朝は1時間以上かけて準備をしていました。徐々にできるようになり、本人もとても満足そうでした。そうなると休日もやはりこれは自分でやりたい。という欲求からなのでしょうが、すべてがイヤイヤ期でした。

私が何をしても気に入らず、自分で又やりなおすという日々。お手伝いしてくれてる気分なんでしょうが、洗濯もたたみます。お風呂も一人で入れると言って聞かない状態でした。

靴だけ履くのに毎回30分はかかっていたと思います。そのため靴は自分で脱いだり履いたりできやすい靴を選ぶことにしました。

お風呂も危ないながらも横で見守っていたので1時間はかかったでしょうか、それもずっと見ていました。

2歳児のイヤイヤ期の原因は?]

魔の2才児という言葉があるくらいですから覚悟はしていましたが、やはり自我が目覚めたことと、保育園でお兄ちゃんお姉ちゃんがいてグループになってお世話をしてくれます。

自分も1才児クラスの子がいることからお兄ちゃんお姉ちゃんと同じにできるという認識ができたのだと思います。

保育園では先生方の上手なお手伝いでできるものが自宅でできないわけがないという認識だったのかもしれません。

娘は0歳から保育園に通っているので、保育園に通ってない子よりは更にイヤイヤ期の時期が早かったように思います。

ただ私も仕事をしている見ですので育児本を買ってきて、自我の目覚め。保育園で当たり前にやってることをしているだけとういう認識でいました。そしてどうしようもない子供の感情だと思います。

どうしても自分でやるんだというのが、行動の全面にでていました。

対策法「時間に余裕を持つことから」]

仕事の朝は一時間早く起きて、娘との時間を作ることにしました。私が時間に余裕がないと朝からイライラシてしまうと思ったからです。

そのおかげか靴に30分かかっても私的には時間の余裕があるので、ニコニコしながらまっていられました。帰宅してからは、もう仕事がないので、娘の好きなようにしていました。

パンツを履くという場合は寝たのを確認してから、オムツに交換して、娘が起きる前にパンツに又交換していました。お風呂も一人で入りたいというのも横についていることでやらせてみました。

もちろん危ないので絶対一人にはしませんでした。休みの日は更に自分でするという欲求が強いので、家族で出かける日も私と娘は一時間早く起きてその一時間で用意できるようにしました。

洗濯も私のお手伝いと思っていたのかたたんで、タンスにまで入れてくれてましたが、必ずありがとう。えらいね。と言って寝た後に直すようにしました。

見守るスタンスが大切![f:id:ann1007:20190411133545j:plain]

この時期は自我が目覚め向上心がある第一次反抗期です。そこで頭ごなしに怒っていまっては大きくなってからやらないなどの弊害が出てきます。とにかく気長に待つことが重要だと思います。

ヒステリックにならないこと、子供は自分の手のままに動いてくれるわけではありません。そこからどう伸ばすかの方が重要です。

時間がかかってもいいよと言うスタンスでパパやママは見守るのがいいのかなと私は思います。

その他無理やりにでもママが対応してしまうことがありますがそれもやめたほうがいいです。余計に時間がかかってイヤイヤの最もひどいパターンになるからです。

私も最初は時間がなくて手をだしてしまいましたが、結局予定より長引くことがわかったので、それなら気長に待ったほうがいいという認識になりました。

子育て中は料理は頑張るな!]

私の場合は夕飯に自炊だけに目をむけるのではなく、自分の好きなものはお惣菜で買ってきて時間短縮したり、手抜きをしていました。子供の分はアレルギーがあるので自炊でした。

保育園のママ友とも夜は飲みにいけないので、家で仲良しのママとパーティをしていました。

もちろん子供たちは自分たちで遊んでいるのでその時は同じ悩みをもつママとの会話です。子供が寝た後に自分の好きなゲームをとことんやったり、映画をみたりしました。

パパがお休みの日には1時間でも自分の時間を作りました。美容院にいくだけでもスッキリするし、夕飯は家族で外食したりして時間を作りました。

一番良かったのはやはりママ友と話をすることです。同じ悩みを抱えているので同調できるのが一番ストレス発散になったと思います。

おわりに

自分の感情は後からでいいと思います。今何が大事なのかを見極めて、怒らないこと、伸ばしてあげることが重要だと思います。自分が大事なのか子供が大事なのかもう一度見つめてみて、子供を優先するなら他のところでパパに頑張ってもらうしかないのです。

普段平日はママがワンオペ育児がほとんどだと思います。でも仕事してるのは同じなわけですから休日の数時間は自分のために使っていいと思います。たまにはパパに預けて飲み会にいくも私はありだと思ってるので、私はそうしました。

子供の買い物も一人のほうがはかどると思えば、パパに預けて買い物いってすぐ帰ってきたほうがいいです。その後のフォローや食事などを気にしてパパにもお疲れ様ありがとう。の一言は必要だと思います。

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事