英会話

【英会話】やれば確実に効果のある・聞き取れる「リスニング学習法・英字新聞チャレンジ」

英会話を身につけたい人、リスニングを確実に聞き取れるようになりたい人向けです。誰でも今回紹介する学習方法を実践するだけで確実に効果がある英語の勉強法なので是非とも参考にしてください。

【英会話】確実に聞き取れるようになるリスニング学習法

f:id:buchibuchi4647:20190517085119j:plain

英語の悩みは、国によって発音の違いです。一つの単語によっても、発音の仕方が違います。例えば、イギリス英語とアメリカ英語の発音も違います。そして、代表的なのが「L」と「R」の違いです。

これは、日本語にはない発音だからです。わたしは、以前外資系のホテルで働いていました。そのときは、アジア圏ですんでいる人々の発音は強弱がなく平らな発音なので、日本人にも聞き取りやすいです。

しかし、本場のイギリス人の人が英語を話すとけっこう聞き取りにくいし、こちらが話してもなかなか通じないことがで大変でした。英会話を話し始めの頃は、まだ慣れていなくてみんなの前で外人のように英語を話すことに恥ずかしさ、通じるかどうかの不安もありちぐはぐな発音をしたのを覚えています。

英字新聞を使った英会話学習法

f:id:buchibuchi4647:20190517090342j:plain

わたしのおすすめの勉強法は、一番いいのは環境を整えることです。私は、海外にホームステイに行きました。ほとんど、日本人がいない状態だし日本語が通じない環境に身を置きました。

あとは、仕事で必要に迫られて英語を必要だと知ると必死で覚えるのです。自分が言いたいことが言えない場合は、英会話教室に通いました。どういう言い方が相手に通じやすいのかを勉強したのです。

あとは、NHKの英会話の講座のテレビをみたり、小学校のころは雑誌にのっていたペンパルという世界の人と文通して友達をつくるというものも挑戦してみました。あとは、英字新聞をみて読んだり、海外のニュースをテレビで流してみるとかしていると自然と英語の発音のリズムが耳慣れしてきます。

リスニングパートのコツ

リーディンのパート別のテクニックのコツは、とにかく何度も声にだしてネイティブに近い発音に近づくことです。日本人は、自己主張が弱い。控えめであることが日本人の特徴でもあります。

しかし、世界にでたら、そんなことはいってられません。どんどん自己主張をしないと、周りからおいていかれます。自分の意志がないと思われてしまうのです。だから、自分の思いをとにかく声にだして何度も何度も練習するしかないのです。

あとは、もし英字新聞や文章を読むときにどの部分が熟語になっているかとか、どこで意味がきれるのかを念頭に置きながら読むとリーティングの部分で強くなると思います。どこで区切るかですね。あとは、文章慣れをして何度も読み返すことです。

リスニングパートのコツ

リスニングのコツは、これも基本的なことですが何度も練習するしかないです。何度もわからなければ、聞き取れなければ、再生して聞き直し、練習をするんです。聞き取れる部分は、とばして聞き取れない部分はどのように発音しているか、前後の単語とどうつながっているかを思い浮かべながら聞いていくといいとおもいます。

あとは、リスニングのコツと言えば、生の英語をきくことが大事ですね。日本人がいくら英語を話していても結局日本人向けの英語になっているので、現地人のかたの発音には程遠いと思いいます。

だから、リスニングを強化したのであれば、外国の方と交流の場に足をはこんでお友達になることが大事だと思います。あとは、興味があることが大事です。

オススメ参考書・英字新聞チャレンジとは

 

1日1分!英字新聞 チャレンジ (祥伝社黄金文庫)

1日1分!英字新聞 チャレンジ (祥伝社黄金文庫)

英字新聞を使った学習法

英字新聞が一番、効力があります。世の中の流れを日本語パージョンを英語バージョンにしたものだし、実際におきていることなので記事に興味がでてくるからです。

自分の生活と連動したり、いま世の中の流れを知ることがいち早くできるし、英語を取得することができるので英文法の表現の仕方や考え方が見えるようにわかるようになるからです

新聞は、毎日家に届くものです。日本人なら、新聞をとっているのが当たり前になっているので、それを実生活で実感しているので身近に感じることでしょう。だから、英語を始めるときも実際の生活に密着したものを使用すると興味がわいて、理解しようとおもうからです。外国の友人も英語を勉強するにあたって、新聞をすすめていました。

スキマ時間に学習できる

わたしが回答した英字新聞を活用する勉強方法のメリットは、日本語も英語も話せる外国人のお友だちがいっていたので一番効果があると思ったからです。彼は、アメリカ人でありましたが30年日本にも住んでいた経験のあり、日本語も流ちょうに話せます。

自由自在に言葉を使い分けることができるのです。だから、実体験を通じてそのような勉強法が一番効力があると考えたのです。私もこれを試してかなり英語が上達したように思えます

新聞は、軽いので持ち運びが楽です。ちょっとした隙間時間に読むとよいでしょう。通勤時間や休み時間目を通して無理のない程度に英語を勉強するにはちょうど良いと思います。デメリットとしては、知らない単語は意味を調べないといけないので面倒かと思います。

まとめ

英字新聞なんて難しいのでは?と思っていませんか。でも実際にやってみることで本当に効果はあります。やらないであきらめないいるよりも、騙されたと思ってはじめてみたら、何か見えてくるもの、感じるものがあるでしょうからそれは無駄ないならないです。やったら、やったただけ自分に返ってくると信じてトライしたらどうにかなるものです。英語の苦手意識を持たずに、楽しくやろう勉強をしませんか?

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事