ライフスタイル

【痔の悩み】人に相談できない・バレたくない対処法と効き目のあった薬

痔になってしまい、ものすごく痛いのに仕事を休めず、かつ同僚に痔であることをばれたくない時の対処法と個人的に効き目のあった薬のことです。

まだ20代なのでばれたりカミングアウトしないで済むように。

【痔になった】バレない対処と効果ある薬とは?

私はアラサーの女で、デスクワーク中心の会社員をしています。子供の時からおしりの悩みは尽きなくて、切れ痔になるほど快便過ぎたり、切れ痔が再発するほど便秘になったり、おしり問題は常につき惑っていました。

別の原因でおなかの調子が悪く、下から内視鏡を入れられて切れ痔といぼ痔があると診断されたのは24歳の時ですが、おそらく痔というものだろうと自覚し始めたのは、小5くらいだったと思います。

それでも学生時代はそれほど酷くはなく、座れなくなるほどの痛みになったのは20歳で就職してデスクワークをし始めてからです。

仕事中痛いのもつらいですが、一番困るのは車の運転中です。

通勤も会社まで我慢できず、途中の路肩に止めて、いったん外に出てストレッチをするふりをしながら、おしりの圧迫を解消する時間を作らなければならないほどです。

塗り薬を使った

痔の対処法として、よくある丸い穴の開いたクッションを購入しました。売れているだけあって、全く痛くありません。

しかし、家で使うには良くても、会社だと一目で痔だとバレるし、車はシートに乗っかるかたちになるので、危ないし座りずらいです。自分で穴あきクッションの自作をしましたが、車に乗りやすいように薄く綿を詰めて作ると、お尻が当たって全く意味がありませんでした。

一度外科に行って切り取ってもらえないか相談しました。ネットで日帰り手術可能とかかれてたのもあったので、軽い気持ちで行きました。

田舎でその病院しか手術出来ないのですが、痔の手術は出血の恐れがあるし場所が大切な場所なので、数日泊りになりますと言われました。さすがにそこまではしたくないです。

そこで市販の塗り薬を試したら、歯医者の麻酔にかかったように、全く痛くありません。さらに、舌の下でとかすタイプも同様です。

痛みがなくなった

塗り薬と、たまに舌の下で溶かすタイプの痛み止めを使用しています。やはり痛みがない普通の生活は幸せだと感じました。30分に1回立ち上がって、おしりの休憩をしなくても良い。長い会議で痛みに耐えることなく集中して参加できる。

車の運転もラクラク。一番は、高速道路の運転に不安を持たなくなったことです。

次のパーキングまで30分以上かかる高速が多い地域なので、自分の運転で行くのがこわく、かつ高速バスを使っても立ち上がって休むことが出来なかったので、旅行を断念したことが何度かありました。遠出を楽しめるようになったのがとても嬉しいです。

おそらく平均寿命まで、何もなければ50年以上生きるので、これからの人生が明るくなりました。

痔の悩みを相談できない人

恥ずかしくて、痔であることを誰にも言えない若い女性向けだと思います。頼みの綱の病院受診では、必然的に医師におしりを見せることになります。私のように病院数が少ないところだと、男性か女性か医師を選ぶことが出来ません。

医師は慣れているからいいだろうけど、嫁入り前に「立派ないぼ痔がありますね」なんて言われた時には、屈辱でしかありませんでした。

診察室のベッドで自然と涙が出てきました。多分40代くらいだったら、顔の皮も厚くなって、何を言われようがへっちゃらだと思いますが、若いうちは悲しくてしょうがありません。そんな誰にも言えない痔の悩みを持っている人に、おすすめします。

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事