子育て

【イヤイヤ期はなぜあるの?】2歳児とストレスなく楽しく過ごすテクニックとは?

2歳児と3歳児とイライラ期と反抗期で悩んでいませんか?ストレスが溜まってついつい怒鳴ったり、ダメって言葉を多用していませんか?

本日紹介する体験レポートは【2歳児】にフォーカスを当て、イライラ期の原因と、そこからどうやって楽しく過ごすかを紹介します。気になる人はぜひチェックしてください。

 

イヤイヤ期の理由・2歳児をなだめるテクニック]

私は二人の子どもと一人の孫のイヤイヤ期を体験しましたが、2歳児は俗に「魔の2歳児」といわれ、3歳児は、いわゆる反抗期といわれるものだと思います。

どちらもとにかくイヤイヤなのは似ていますが、性質的には違うように思います。魔の2歳児は、まともに相手ができない状態だと思ったほうがいいと思います。

早い子は言葉も出ているかと思いますが、言葉がまだ通じないと思った方が賢明です。食べ物を投げる、おもちゃを乱暴に使う、絵本を破く、などなど、ダメと言おうが、やめろと言おうが、言うことを聞かないのが魔の2歳児です。

3歳児の反抗期は、子どもの成長過程での大切な時期になりますので、汚い言葉を覚えて汚い言葉ばかり使うとか、わざといけないことをしてしまうとか、保護者として困ることが本当に多いのですが、人として順調に成長しているので、3歳児の場合は正面から向き合って、いけないことや危ないことを教えてあげる時期だと思います。

なぜイヤイヤ期はあるの?]

反抗期の本番は3歳児で、2歳児のイヤイヤは、たぶんいろんなことが思い通りにいかないとか、うまく伝わらないとか、まだまだ赤ちゃんの延長であり、言葉を獲得する前のイライラした気持ちがあるのかもしれません。

もっと小さい赤ちゃんは、不快な気持ちをひたすら泣いて表しますが、2歳児くらいになると、不快な気持ちを表す方法が増えてくるのだと思います。

体の発達もあり、手足も自由に動かせるし、いろんなことを試しているのかもしれません。いいも悪いもまだまだわからない時期なので、すべての行動は無邪気に行われるものであると思います。

3歳児は、精神的な発達も目覚ましい時期なので、2歳児のそれとは違い、理由があったり、意思があったりするように思います。

いろいろなことをおぼえるために、学ぶために、いいことも悪いこともたくさんやってみて、おこられ、ほめられしながら、大きくなるのだと思います。

2歳児イライラ期[解消テクニック]紹介]

2歳児はまだ赤ちゃんと思うしかないと思います。ヒトへの成長過程であり、変な話、宇宙人か小動物かと思った方がイライラしないんじゃないかと思います。

孫の時は、小動物扱いしていたかもしれません。イヤイヤは、そうなんだね~と聞く耳は持ちますが、すぐに流す感じで、興味を他にそらします。

もちろん、また別のものですぐにイヤイヤを見つけてまた困らせますが、ひたすら受け流す感じでしょうか。

とは言っても、我が子の時にはかなりイライラしていたかもしれません。一緒になって、もうママもイヤイヤ~~~っと叫んだこともありました。

とにかく、親も子も気分転換が大切かと思います。3歳児の場合は、様々なことを学んで身につけていく時期だととらえ、面倒でもきちんと教えてあげた方が良いと思います。

ヒトとしての自分を認識し始めて、社会に出ていく時期になるので、うまくサポートしてあげられるといいと思います。

だめ!!って言葉は避けるべきか?]

何を言っても無駄だからと、無視したりするのは良くないと思います。よけいにうるさくイヤイヤ言うと思います。

何かすれば注目されるということも、子どもには大切なことのようです。アクションを起こすと、ママがこっちを見てくれるという、そんなシンプルな行動なのかもしれません。

2歳児はまだ赤ちゃんですから、ダメと伝えることは大切ですが、感情的に怒ってしまうのはNGです。相手は訳がわからないのです。

シンプルに、いいのか悪いのかを伝えた方が良いと思います。3歳児についても、必要以上に感情的に怒鳴りつけたりすることは避けた方が良いと思います。でも、怒鳴りちらしてしまうことも、あるとは思います。

そんなときも、なるべく早めに自分の気持ちをクールダウンさせて、冷静に落ち着いて、子どもと向き合ってください。

ストレス発散方法は?]

一緒に楽しいことをして遊ぶのが親子ともどもストレスが少なくなるのではないでしょうか。

子どもは単純ですから、違うことを提案して気分を変えるとか、気持ちをそらすのがわりと容易いので、大好きなおもちゃを出して一緒に遊ぶとか、場所を変えるとかするといいのではないかと思います。

親のストレス発散は、お友だちとランチして愚痴を言いまくるとか、カラオケで大声出すとか、自分の好きなことで、時々発散することはとても大切だと思います。2~3歳は、まだまだとってもかわいい時期ですので、そんな時期の子育てを楽しんでほしい!と強く思います。

大きくなると、それこそかわいくなくなります。小さくてかわいい今をうんと楽しもう!と考えて、今しかできない楽しい遊びなど考えて、ハッピーな子育てをしてください。

さいごに

こどもにとって一番大切だと思われることは、親やまわりの大人たちに、うんとかわいがってもらうこと、うんと大切にしてもえることだと思います。

一言で言えば、うんと愛されることです。特に3歳までの時期は、この愛される体験が何よりも大切だということは、聞いたことがあると思います。

憎たらしいことばかり言ったりやったする我が子を愛せないと思う時もあるかもしれませんが、一番大切なことは、ひたすら可愛いっと抱きしめ、誰よりも愛おしい存在なのだということを言葉以外の方法で根気よく伝えることだと思います。

夜泣きが終わって、おむつがやっと取れて、今度は反抗期。親は疲れてしまうと思いますが、大切な大切な時期ですから、一緒に楽しもうという気持ちを常に持っていただけるといいかなと思います。

ABOUT ME
アバター
buo
ロサンゼルス在住→現在「日本」。家庭あり。アメリカに住んでいた時代の私が感じた経験・感性をお届けしています
「スタディサプリ英会話」今だけ1週間無料体験キャンペーン!・ペラペラになったから紹介するよ

【スタディサプリ】お得情報なんと今だけ1週間無料体験キャンペーン!実施中

スタディサプリ英会話コース今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。期間によってはアマゾンギフトカード1000円やキャッシュバック5000円がもらえたりしますのでこのチャンスを見逃さないでください。

独学の本当の意味をご存知ですか?自分で孤独に勉強する=ではありません。少ないコストで効率的に正しい方法で勉強するが正解です。参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間でスキルアップをぜひ体験してみてください。

無料体験はこちら

口コミ・効果はこちら

関連記事